探偵を職業にするために必要な一般的なスキル

探偵になるために必要なスキル

探偵の行う業務内容や求められるスキルとは?

探偵と言えば長時間による張り込みや尾行をするというイメージが普通です。 昼夜を問わず対象者を追い、昼も夜もない不規則な生活をしているというのが一般のイメージでしょう。 このイメージは決して間違いではありませんが、もちろん探偵の仕事は張り込みや尾行だけではなく、他にも重要な仕事があります。

繊細さと大胆さの求められる仕事です

探偵という仕事は地道な作業を厭わず、ハプニングにも慌てない冷静さを持ち、さらに想定外の事態が起きた場合には、大胆な決断でその場を切り抜ける力が求められます。 一見それらは両極にあるようにも思えますが、バランスよくスキルを身に付けていることが調査能力の高い探偵と言えます。

アナログな尾行術から高度なIT技術を身につけることが重要

実際の探偵の仕事は、まさに多種多様です。 不倫や浮気調査だけでなく、失踪者の捜索にストーカーや詐欺被害の実態調査まで実に様々です。 しかも探偵は警察と違い、捜査機関ではありません。 令状を持って捜査することも、例えば住居侵入などのように法を犯して調査することも当然できません。 その上で、効率よく尾行

張り込みや尾行だけが仕事ではない

ドラマやアニメの影響から探偵に憧れを持つ人も多いと思います。
ドラマでは探偵が主役で描かれることも多く、鮮やかに事件を解決したり、警察に事件のカギとなる情報をもたらしたりと、重要な役どころとして登場します。
しかし多くの人は日常生活で、探偵を仕事にしている人と知り合う機会はまずありませんし、探偵への依頼経験のある人も少ないでしょう。
探偵の仕事としてまず思いつくのは尾行や張り込みですが、実際の探偵はどのような仕事を請け負っているのでしょうか。
実際に探偵業者に持ち込まれる相談案件の約7割が、浮気や不倫に関する調査です。
浮気、不倫の有無はもとより、実態調査や証拠写真の収集をし、調査した結果を「調査報告書」にまとめて依頼者に渡します。
この調査報告書は、裁判などでも重要な証拠物件として扱われますので、離婚調停などを有利な条件で進めたい場合には、探偵への依頼は賢明な判断と言えます。
またドラマなどのイメージでは、探偵はフリーランスの印象も強いですが、実際には管轄の公安委員会に届け出た上でなければ、調査などの活動はできません。
一般には探偵業そのものが日常生活からかけ離れているため、何となくダークなイメージを持つ人も多いかもしれませんが、例えば家族が何らかの事情で失踪してしまった場合など、探偵によるプロの調査能力に頼ることが望ましいケースもあります。
原則として緊急性や事件性の低い場合、警察は積極的には動いてくれません。
家族などによる自力の捜索に限界がある場合には、探偵は最も頼りになるパートナーになるかもしれません。
そもそも探偵の仕事についての知識をはじめ、探偵に向いている人の素質などをまとめましたので、雑学的にまた将来のキャリア形成のためなどに役立てて下さい。